団地萌え

たまにPCに向かって作業をしている時、よくこのサイトを
見るようにしている。

「日刊サイゾー」

普段ほとんどと言っていいくらいTVを観ないので、特に
芸能関係がまるっきり弱い。

そのためお付き合い先の社員の方との雑談の中で、

社員さん「○○(女優の名前)ってかわいいっすよね!」

私「うーん・・・その○○って誰?」

社員さん「え?知らないんすか?それヤバいっすよ!

その「ヤバさ加減」は良く分からないけど、さすがにまだ「世捨て人」に
なる気はないので、たまにこういうサイトを覗きながら勉強をするように
なった。

そしてこのサイトで私のお気に入りなのが、

B級スポットを巡るがっかりレポ『退屈巡礼』だ。

確かにスポットそのものは退屈なのかもしれないが、
そのレポのタッチが何とも言えないくらい私のツボに入り、
それを読みながらついゲラゲラ笑ってしまうのだ。
(そして妙にそこへ行きたくなる衝動に駆られてしまうのだ!)(爆)

そこでこんな記事があった。

マニア必見!?レトロモダンな“団地”を完全再現『松戸市立博物館』

最近この手の団地が「萌え」らしいのだ。
私からすれば、ホント「どこがいいのかさっぱりわからない萌え」なのだが、
この手の好きな人には堪らないらしい・・・

(記事の内容は割愛しますね)

記事を読んでいて、あれ?と思った。

これどこかで見たような・・・そうです!!

まさにこれ、うちの実家なんです!!


思わずこれ、うちの実家を撮影したんじゃないの?と思ったくらいです。
(この画像は日刊サイゾーから掲載しています)
画像




私は昭和40年代前半に、埼玉某所の公団の団地に引越してきました。
そのころは私のような子供が(ホント)うじゃうじゃいて、休みの時は
道路にいっぱいくそガキ共が戯れていました。
(当時は六虫なんて遊びをやってました)

まだこの辺はめちゃくちゃ田舎で、外灯めがけてカブトムシが飛来して
きたくらいでしたから・・・


そしてここしばらく故あって実家から事務所へ通っているのですが、今では
そのくそガキ共はみ~んなおっさん、おばはんになり、この団地を出て行った。
そして残されたのはその親たちのみ。
なので、毎日が日曜日のようでとっても静かなんですよね。

たまに騒ぎになるとしたら、○○さんちの旦那さんが死んだとか、
入院したとかそんな話題だけ。まさに時が止まったかのような空間です。


しかし・・・いまそんな「萌え」な空間にいるのですが、
やはりちっともその「萌え」さ加減が分かりません。

いつになっても、いつ来ても私には実家は実家ですからね・・・

しかしこのころの「高度成長期」のパワーってすごいな!!って
あらためて感じますよ。
当時この団地も活気がみなぎってましたからねぇ~



ちなみにここで紹介されている「B級スポット巡礼」をして、「B級グルメ」
をハーレーで食べに行くツーリングを密に計画しているのは言うまでも
ありません(笑)


よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック