偽善者と呼ばれて

知り合いの方からこんな話を聞きました。

「最近影で“偽善者”って言われているようで・・・正直ショックでした」と。

その気持ち・・・とってもよく分かります。


私は仕事柄いろいろな話をさせていただきますが、その話を聞いて

「調子のいいことを言っていやがる!」
「キレイ事ばかり言いやがって!」
「そういう言葉を吐くヤツは偽善者だよね」


という方がたまにいらっしゃいます。

以前はそんな言われ方をされたら、とってもショックだったのですが
最近ではあまり気にしなくなりましたね…


「以後そういう方との縁をなるべく持たないようにするから」
というのが一番の理由でしょうか?

もちろん「私自身がすべて正しい」(完璧であるわけないでしょ!)
わけでもないし、その方がおっしゃる理由などが分かれば、
それは自分にとっても大切なことなので耳を傾けます。


そういう方々の傾向として… (あくまでも私の偏見でしょうが・・・)

・都合のいい時は仲間呼ばわり
・但し自分の意に反することをした瞬間に敵呼ばわり
・こういう方に限って裏表が激しい「二枚舌」野郎
・絶対自分では責任を取らない(問題からすぐ逃げる)
・他人を押しのけても目立ちたがる
・結構自分も「美辞麗句」を並べる割には、全然心がこもっていない
・人に感謝することを知らない


とまぁ、はっきり言えば私が一番嫌いなタイプです。
どこにいってもこういう方は共通したメンタリティーを持っています。


そして一番こういう方(人を偽善者呼ばわりする方)は影でぐちぐち
言っている割には、本人の前では何も言わない(言えない)小心者。


また暴言を吐くときは、酒の力を借りないと何もできない情けないヤツが
多いんですよ。



なので…
こんなヤツの言うことにいちいちショックを受けたり、落ち込むのは
バカらしいなぁ…と思ったわけです。

私はお酒を飲むのは好きですが「飲まれる」のは嫌いです。そして
酒の力を借りないと何も言えない方はきらいです。
まして酔っ払った席だから何を言っても「許される」というメンタリティーは
もうサイテーだと思いますよ。


自分の信念をしっかり言葉や態度に出してもいいのではないですか?
何を恐れるのでしょうか?
こんな方々からの非難の言葉ですか?
またそれに同調する人たちからの非難や無視ですか?



大丈夫です。

きっとあなたの言葉を真に受け止めて、聴いてくれる方が必ずいますよ。

そしてあなたを「偽善者」と言う方々は、本当はあなたのその姿勢を
妬んで仕方がないんです。
羨望と嫉妬は違います。
羨望は向上心にも繋がりますが、嫉妬は憤怒に繋がり…そして人を傷つけます。



だからそういう人を相手にするだけ、自分が傷つくだけなんですよ。


だってそういう方々のために
「人生を生きているわけじゃないんですから・・・」




あなたは「偽善者」と呼ばれても、その一歩を踏み出したのではないですか?
あなたを「偽善者」と呼ぶ人は、「何もしない(できない)」人です。
「何もしないより、ちょっとでも何かをする偽善者」の方がよっぽどマシです。
もう偽善者と呼ばれて上等ですよ!


だからどうか「何もしない」人の言葉に惑わされないでくださいね…
そしてそのことで自分を否定しないでくださいね。



私の好きな言葉でこんなのがあります。

「どうして自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだから、
いいじゃないですか?」


これはアインシュタインの名言なのだそうです。

いつでも理にかなった、まともな批判や忠告は大切です。
それまでも否定しないでくださいね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック