「がんばって!」なんて言うな

以前「がんばります」と言わず、「やります」と言え!ということを
書きました。


今回はそれとは違った意味で・・・


この時期受験シーズンでもあるので、どこでもこのような掛け声
をかけられる受験生は多いでしょうね。

「がんばって!」

これってとっても「無責任」な言葉だなぁ・・・と思うのです。


あるチョコの宣伝でもありましたが、受験生らしき娘を持つ母親が、
「がんばってるんだもん、“がんばって!”なんて言えないよね」
と言っていましたが、まさにそう思うんですね。

何気なしにスルーしてしまいそうな内容ですが、あれってとっても
大事です。あれは娘のことを本当に気遣えばこそ言える言葉です。

しかし・・・他人ほど「良かれ」と思って言う言葉がこの

「がんばって!」

なんです。時と場合によっては罪な言い方(社交辞令)です。
これを言われた側からすれば、
「これだけがんばっているのに、まだこれ以上がんばるの?」と
なってしまうし、その時の気分では「いい加減なことを言うな!」と
思わず言いたくなることもあります。


最近いろいろな知人から訃報を聞くことが多いんです。

特にその知人が近しい方であればあるほど気をつけているのは、

「ご愁傷様です」

「がんばってくださいね」


という言葉です。
どちらもとても社交辞令的に聞こえてしまうんですよね。
(確かに社交辞令としてはそつのない言い方かもしれませんが・・・)

特に言ってはならないのは後の言葉だと思っています。

どんな状況であれ、知人や親族が他界してしまうのは悲しいものです。

悲しみに暮れていてばかりではいけない・・・と思いつつ、
つい何もできないし、何も考えられない。
まして他界が急であった場合、残された者の悲しみはただ戸惑う
ばかりです。

そこで弔問されたほとんどの方が言う言葉がこれ


悲しんではいけないんですか?

愛する者を失って、悲嘆に暮れる暇もなく
毅然とした態度で「がんばらないといけない」のか?

心の整理もつかないのに、すぐさま努力するべきなんですか?



決して悪意がないのは分かります。気落ちしないでね・・・という意味で
あることも「頭では分かっている」んですよ。

でもね・・・悲しんだっていいんじゃないですか?悲しむ姿を見たくないのは
これを言う側の方であって、言われた側の方ではないんですよね。

今までの想い出が走馬灯のように押し寄せ、故人への後悔、そして
あの時もうちょっと自分が何とかしていれば・・・などの思いがない交ぜに
なって自然と悲しくなるのが人間でしょうよ?


適切な社交辞令であることは否めないのですが、私からすればよっぽど
そんな「社交辞令」なんて言わない方がマシだと思います。



「相手の立場に立て!」とサラリーマン時代の上司からはよく言われました。
これは「相手の立場に立って」何かを言う、行動するだけではなく、

何も言わないことが、ただそばで見守ることが、「相手にとって」一番良い
こともあるんですよ。




PS

いよいよ日曜日に新しいセミナーを六本木ヒルズで行います。
おかげさまでかなりの人数様が集まっていただいたそうです。
画像
(これは某セミナーの風景です)

ホントありがとうございます!!

今までの企業向けではなく、個人様向けのセミナーなので違う緊張感
を味わっています。





よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ いつもありがとうございます。






「相手の本心」が怖いほど読める!?社交辞令、ごまかし、嘘から深層心理まで
三笠書房
デヴィッド・J. リーバーマン

ユーザレビュー:
相手の心をコントロー ...
心を読むと言うよりも ...
ポジティブにもネガテ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック