UFOキャッチャー理論

※UFOキャッチャーの攻略内容を指南するものではありません(笑)

これはよくセミナーや以前著書でも書いたことがあるのですが、
あらためて。

画像


誰でも一度はゲーセンでこの「UFOキャッチャー」はやったことがあるでしょ?
(私は酔った状態でやると、かなりキャッチできるという愚かな特技を
持っているんです・・・実は)。

(実例)
画像



あなたが友人(異性)とゲーセンに行ったとしましょう。
その時にガラスのゲージの中にある「どの景品」をゲットしようと考えますか?
確かに横にいる彼女が「あ~これかわいいぃ~♡」などと言われれば、
つい彼女がご指定する景品を取ってあげたいと思うのが人情ですよね?

しかしその際同時に「どれがゲットしやすいのか?しづらいのか?」を
あなたは考えるでしょう。そして・・・
余興ではあるけど、「せっかくカネも使うんだし、どうせなら彼女を喜ばせたい」と
思うので、それなりに真剣に考えます。この時あなたは「選ぶ側」で、
景品であるぬいぐるみは「選ばれる側」です。

あなたはどのぬいぐるみを選びますか?
彼女の希望も反映して、なおかつ「一番ゲットしやすい」ぬいぐるみから
チャレンジするのではないですか?

では「一番ゲットしやすいぬいぐるみ」はどんな場所にいますか?
目立つ場所いて、落としやすい場所いて、さらに
「ゲットしてくれ!と訴えているような格好」
をしているぬいぐるみをまず選ぶでしょう。
(ぬいぐるみ自身にこんな意思はないと思いますが)

これは人の世界でも同じなんですよね。努力しているヤツ、一生懸命少しでも
上を目指しているヤツ、「僕、がんばってます。」というヤツを引っ張り上げよう
とするのが自然だし、人情でしょう。
「俺は別にいいや」
「このまま下に埋もれてもいいんですぅ」
「面倒ですから構わないでください」

などと言っているヤツ(景品)なんか、誰もカネと労力と時間を使ってまで
引っ張り上げようとは思わないものです。

私たちは一人では何もできません、しかし誰かが自分を引っ張り上げて
くれるから次のステップへ歩んで行けるんですよね。


そうまさに私たちも「UFOキャッチャー」の中のぬいぐるみなんです。
(もちろんカネを払って、一生懸命拾うとする側でもあるんですが)


やはりどんな時にでも前を向こうとする「努力」は必要です※。
昨日たまたま知り合いの方が部下の方を連れて来て、飲みながら
そんな話しになったもので、ふと書きたくなりました。



PS

私の最近のモットーは

「車とバイクのバックミラー以外後ろを見ないっ!」

です(笑)。過去と他人はいくら努力しても変えられませんから・・・




よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ いつもありがとうございます。