4月1日に思うこと

多くの会社では年度始めにあたる今日、多くのところで
新入社員さんらしき人たちとお会いしました。

たぶん私のころと比べ、かなりの激戦を勝ち抜いた上で
今日の入社式に臨んだ方も多いことでしょう。

まさにこれから社会人としての第一歩を踏み出した今日、
彼らにとっては記念すべき日になるでしょうね。



さて・・・


先日FMさがみさんでの収録の時に、ディレクターさんから
「新人さんたちにとって必要な心得って何ですかねぇ?」と
聴かれ、それを実際の収録でも話させていただきました。

この日はとってもラフな格好での収録でした。
たまにはこーいう時があってもいいかな?と(笑)
画像
左隣は司会の竹中さんです。


まず大切なのは、

まず組織(会社)に自ら合わせる努力をすること

です。
いままでどちらかと言うと(というよりほとんどか?)周りがお膳立て
してくれていた環境にいたと思うんですよね。
しかし・・・残念ながら会社が新人さんに合わす事はあまりありません。

残念ですが、よく聞く話として、入社後研修をさせていただき、数ヵ月後に
行うフォローアップ研修時に既に数人が辞められているケースがあります。

「あれ?○○さんや××さんは?」

「いや、配属になった後辞めたんですよね。自分が希望する部署に
配属されなかったのが原因らしい
のですが・・・」


結構このケースは多いです。
確かにその希望する部署で実力が発揮できると思ったのでしょう。
しかし、残念ながら会社はそうは見ない。だから自分は評価されて
いないから辞める!という感じなのだそうです。

新人さんは未知数ですから、以前学生時代にやったことはよっぽどの
ことでないと基本的にはカウントしません。
それなのに、自分の要求が通らないから辞める・・・正直こういう人材は
辞めてもらって結構なのですが、やはり企業側としては採用ロスです。

まずは初っ端から自分の要求が通ると思うな!というところでしょうか。
自分の要求を通したいなら、自他ともにその企業で実力を評価されるよう
努力すべきだとは思いますね。



もう一つここで言ったのは、(言いたいことはいっぱいありますが・・・
放送が5分程度なので・・・)

言われているうちが華

ということ。
これは私も当時さんざん言われましたが、当時は「ち!うぜぇ!」(まだ22歳だったので(笑))
と正直思っていました。

しかしいろいろ難癖をつけられるのは当然です。
それをちゃんと聴ける素直さは欲しいな・・・と思います。

20代半ば~後半まではまだ言われます。
言われて直らなくてもまだ注意をしてくれます。

しかし・・・30代になると途端にほとんど言われなくなります。
しかし周囲は何も言わず、その人を評価します。

つまり・・・そんなことを言われるようなヤツはダメだと・・・


だからいかに20代で言われた「いちゃもん」(笑)をまともに聴いて、それを
行動として直せるか?が問題になります。


よくこれは新入社員研修でも言うことなのですが、

「何を言うか?」が問題ではなく
「何ができるか?」で社会人の評価は決まる


と。都合のいい、その場のしのぎの言葉なんてナントでもいえますからね。


多少新人さんにとって、しばらくはカルチャーショックの連続ですが、
それにめげず頑張って欲しいなぁ~と思います。



PS
先月の28日で44歳になってしまいました。まぁいろいろありましたが、
まぁ健康でよかったなぁ~と素直に感謝しています。

そしてふと今日多くの新人さんたちと会って、当時自分がそのころ思った

「ああはなりたくない社会人」

に44歳の私はなっていないだろうか?とふと不安になりましたね(爆)
しかし残念ながら、今では誰も何も言ってはくれません。

大丈夫か?オレ?(笑)
(44歳でいまでにニコニコしてながら、収録前にピースサインを送る
何ともノー天気なオレ)









読んでいただきありがとうございます。
よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ この「ポチっ」が私の励みになります!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 49になりました

    Excerpt: 先日で49になりました。 Weblog: 高橋宗照 『一業一隅』BLOG racked: 2015-03-30 11:56