莫煩悩から生まれる「集中力」

昨日のなでしこJAPANの優勝はすごかったですね~!

ホントおめでとうございます

普段はサッカーファンではありませんが、やはり決勝ともなると
見ないわけには行きません。
それにその日は連休最終日で、先週は土日コンサル系の仕事を
していましたが、月曜はお休みだったので気分はラクです。

さて・・・

MVPに輝いた澤選手からも「すごいな~」と感動をもらいましたが、
私はゴールキーパーの海堀あゆみ選手

莫煩悩の精神

を見たのです!!


これは「ばくぼんのう」と読むのですが、とっても簡単に言えば

「いろいろな雑念を払い、自分がいまやるべきことにひたすら
集中せよ!」


とでも言えるでしょうか?

*******************************

これはもともと鎌倉時代の末期、元寇の役(元の国王フビライが日本を
2度攻めた)という、まさに当時で言えば「国難」の時期に、当時の
最高指導者・北条時宗(23歳~31歳)が言われた言葉です。

当時彼はどのように対処してよいかまったく分からず、
「私は臆病で困る。気が小さくてこまる」と自分の努力不足の反省
から無学祖元というお坊さんに指導を求めました。
その際、祖元は筆をとり「莫煩悩」との三字を書いて時宗に
与えたと言われています。

そして彼はその三文字に集中し、上下の武士を一致団結させて
台風という「ラッキー」はあったものの、2度の襲来を撃破したと
いう話。

(とても簡単に言っていますが、要はこんな感じです)

*******************************


実は鉄壁の守りをした海堀選手ですが、最後のPK戦で彼女の強さは
まさにこの「莫煩悩」の姿勢だったな~と思うのです。

普通PK戦ではキーパーも一緒に仲間のゴールを見るのですが、彼女は
まったく違うところに立ち、一切仲間のゴールする姿を見なかったんです。

彼女曰く
「私がPKでゴールを守り切れば勝てる!!」と思っていたそうで、
まさに「いま自分がやるべきことに集中」していたんですね。
その集中力があのPK戦での鉄壁な守りができたんですね~!!

誰だってあのPK戦はド緊張しますよ。
普段の実力がその「緊張」に押しつぶされて発揮できないこともあります。
その実力を120%発揮するのは、「集中力」が必要だな!!
とあらためて感じました。

実は私の事務所の机にもこの「莫煩悩」を貼ってあります。
フィールドはまったく違うものの、あらためて若干25歳!の彼女に教えて
もらったような気がします!!


いま自分がなすべきことは何か?

やろうと思ったことに「いつかそのうち」と言い訳するのではなく、
さっさとやろう!

あらためて「一業に徹し、一隅を照らす」ことに集中しよう!!



と思ったわけです。



PS
で、その日は茅ヶ崎まで行ってきました。
やはりヒトも「光合成」することは大切です。
画像
海水浴が目的ではなく、海が見たくなったんです。

カンカン照りではなかったので、ちょうどよかったです( ̄▽ ̄)b
そこでせっかくだから・・・と1時間ほどこの着ているTシャツを
脱いでビール(もちろんノンアルコール)を飲んでいました。

曇っているから大丈夫でしょ!と思ったのがダメでした。

身体はヒリヒリするし、首につけていたファイテン(肩こり防止用)
ネックレスを外さずにいたものですから、首の周りにはこの痕が
ついてしまって、まるで「月の輪熊」状態になってしまいました・・・
(´・(エ)・`)


光合成もほどほどにしないといかんなーと実感!


これはビーチが見えるカフェで食べたマンゴーカレー。
妙な甘さが「夏のカレー」という感じがして結構OKでした。
久しぶりのまったりとした休暇をいただきました。
画像








かなーり集中力アップするかも??







最後まで読んでいただきありがとうございます!
よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ その「ポチっ」が私の励みになります!