「できない」ということは「知らない」のと同じなんだよ

最近よく感じることで、

「言えない」「できない」ということは

いくら普段えらそうなことを言っていても結局は

「知らない」ことと同じなんだよな


ということ。



よく人は「感謝を大事にしています」と言います。
まぁそれはそれで良いことだと私は思うのですが、それを意識して
いるだけでは何にも意味がないよな・・・とも思っています。

目の前のことにいっぱいになってしまって、つい自分の要求ばかり
を先行してしまう。
そしてついついその相手に「感謝」の言葉

「ありがとう」

というたった一言が言えない(というかすっかり忘れている)。


でも普段は「感謝を大事にしている」とやっぱり言う。
意識することも大切だけど、その一瞬のその時に「感謝」を相手に
伝えることができなければ、何も意味がないんだよね・
・・と思う。


別に「ありがとう」だけが感謝の言葉ではない。

「ご馳走様、おいしかったです」
「お疲れ様、よくがんばったね~」
「お世話様です、先日は助かりました」 などなど

(よくよく見ると“様”という言葉がつくのは決して偶然ではあるまい)


要は相手を気遣う「気持ち」が形になるかどうかなのだと思って
いる。(だから“様”が付きやすいのか!?)

まぁこーいう仕事をしているから、気になってしまうんだろうな・・・
と最近は自分を納得させているが、やはり普段はえらそうなことを
言いながら、その場で言えない(形にできない)方と接触すると

「ふーん・・そーなんだぁ・・・」(´-ω-`)

とやはり感じてしまう。


それにそんなことをいちいち本人に向かって言うことほど虚しいもの
はないと思っているので、余計に閉口してしまう。


そんな感謝の言葉なんて強制して言われてもちっとも嬉しくない
からだ。
私は過去このことでとても嫌な経験をしているので、余計にそう
思ってしまうのかもしれない。
トラウマなんて言う気はさらさらないが、そういう人に限って
己のコミュニケーション力の高さを自負する・・・


ともかく・・・


普段からえらそうなことを言う前に、まずはやってみな!と
つい心の中で思ってしまう。


できてナンボのものなんだからね
意識してても、知っていてもできなきゃ全然意味ないから・・・




今回はちょっと思うところがあったので、つい散文的なブログに
なってしまったな。




PS
最近久し振りにワインを飲んだ。
どうもワインは翌日に残るので、苦手意識を持っていたがこれは
なかなか美味!
それに翌日も全然残らない!(ちなみにボトルは空になりましたが)

常に挑戦は必要なんだな・・・と実感。

これは"サキア ペリコーネ"という銘柄でイタリアのシチリア島の
ワインらしい。お値段は2000円でおつりが来たような気がします。

画像


ちなみに私は日本酒党でございます(笑)





なかなかフルーティな味でございました







最後まで読んでいただきありがとうございます!
よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ その「ポチっ」が私の励みになります!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック