"維持継続はできない"という仮定で動く

3月になりました。それも今日で4日目です。
ちなみに今月で46歳になります(爆)

ここのところあっという間に慌しく時が過ぎていたので、なかなかブログ
の更新ができなかった・・・と言うのがホンネ。

それも本業で(おかげさまで)がんばれるステージを周囲の方々から
ご用意していただいてもらえているからですが、最近では同時に概ね
4~5年後を見据えたことにも取り掛かっています。

以前ここでも書きましたが、最近とても親しくさせてもらっている方から、
このことについて・・・
「高橋さん、10年後じゃなくて5年後くらいにある程度カタチにしないと
遅いと思いますよ」
とお言葉を頂きました。
彼の話はまさに正論でして、「そりゃそーだ!」と思わせる内容でした。


10年後、なんて言っているからダメなんだな。
 5年後という時間軸に合わせて動こう!!



と思ったわけです。

10年後なんて、たぶん今とは違う環境や価値観が生まれていると思うし
そもそも今の常識が必ずしも通用するとは限らない。
そして(このブログを読んでいただいている年齢層の方々も含め)確実に
自身の「今日現在」持っている「気力」と「体力」は、10年後まで維持継続
できていないだろう・・・
という前提に立つ必要があるなと。

(もちろん維持継続できていれば、それはそれでOKなんですけどね)

だからいま結果どうなるかは分かりませんが、その将来を見据えた新しい
プロジェクトに数本関わらせて頂いているわけです。

よく研修やセミナーなどで「問題解決」の内容をさせて頂いていますが、
まさにその実践です!!
まぁ仕事も人生も「問題解決の連続」なんですけどね。


もちろんそのプロジェクトそのものがうまく行くかどうかはわかりません。
しかし・・・

結果がうまく行かないからしない
結果がうまく行きそうだからする


という考えはあまり私は好きではありません。
そうではなくて・・・

目標を決めたら、あとはプロセスに集中すべきだ!

と思うのですよ。あまりにも結果に執着し過ぎるとプロセスがおざなりに
なり、結局本来の目的ですら達成できなくなる。
所詮「結果」なんて「プロセス」の積み上げでしかないのですから・・・
そしてそのプロセスで得たことは絶対にムダにならないのです。

よく年代の若い方々から「ムダなことはしたくない」なんて言う方もいますが

「そもそもやってもいないクセに偉そうなこと言うな、やってから言うならまだ
聞く耳を持つけどね」


と思っちゃいます(でも言いませんけどね)。


これも一つの経験として研修やセミナーに活かせそうです。(o ̄∀ ̄)ノはぃ



PS
先日のそのプロジェクトの一環で懇親会をした時の画像

ここは池袋にある魚串炙縁というお店
なかなかよかったです。
特に魚料理が中心なので、身体に優しい!
ちなみにこれは「炙り〆サバ」。絶品でした。
画像




ちなみに私の前にいらっしゃる方は、ラガーマンです。
とてもナイスGUYな方です!
(もうすぐ46だってのに、カメラを向けられると未だに自然と身体がピースサインを
してまうLightさ・・・この辺は全然変りませんねぇ(爆))
画像




そして机にはこんな気持ちのこもったメッセージが!
画像
確かにサバイバーかも(笑)



さらにそのメッセージの裏には・・・
画像