課題図書

ここのところありがたいことに、土日のセミナーも多くなりました。
主にこれらのセミナーは、ビジネス系というより住宅系のセミナー
なんです。

・2世帯同居のメリットについて
・住宅建築における支援策(優遇制度、税金など)
・はじめて家を建てる人のため「成功術」など・・・


まぁ以前この業界にもいたので、割合本音トークでお話をさせて
もらった方がご来場されたお客様にも喜んでいただけます。

(あくまでも私のスタンスですが・・・)
特にお休みの日にわざわざ私の話を聴きにご来場されるお客様に
小難しい話をしないようにしています。
短時間の中で、いかに楽しく、ポイントを突いて、そして聞いてホント
よかった~とご満足いただき、今後の「人生の大イベントのうちの一つ」
でもあるマイホーム建築の一助になって頂けるよう工夫しています。

ビジネス系の研修やセミナーはある程度設備が整っていますので、
そう言った意味では「仕事がしやすい環境」が整っていると言えます。

しかしこの手のセミナーでは

・ホワイトボードはnothing
・パソコン+プロジェクターもnothing

なおかつご家族の方が多いので、お子さんはぐずるし・・・でかなり
鍛えられる環境であります。
以前はプリキュアともガチで戦ってしまいましたし(爆)

まさに己のトークオンリーなのですが、自分のスキルがあらためて
認識できる場なので、いつも楽しくやらせていただいております。


昨日もいつも通り会場へ向かったのですが、相変わらず開催時間より
かなり前に到着してしまいました。
そのため、近くにあったコメダ珈琲店で時間を潰すことになりました。
実は結構好きなんですよ・・・このお店。
朝早いと珈琲には必ずこんなトーストがタダで付くので男子にはうれしい
です(笑)

画像


で、パンをかじりながら、来月の研修に登壇するにあたり担当の方より
「是非ご参考にしてください」と勧められて、この場で読破した本がこれ。
まさに課題図書です。

「勉強会に1万円を払うなら、上司と3回飲みなさい」
(前川孝雄氏著 光文社新書)


内容的は私自身がいつも研修などでもお伝えしていることが多いのですが、
とっても分かりやすく、特に若手と言われる(思っている?)方には良書だと
思いました。
基本は誰が言っても同じになるんだなぁ~と妙に納得しました(o ̄∀ ̄)ノ


ただ上司と言ってもいろいろな方がいるので、飲みに行った後に

「なぁ~んだ!こんな金と時間を使うなら、AKBの○○ちゃん似の子が
いるキャバクラに行けばよかったぜっ!」


と思われないように上司もそれなりの話ができないとダメですけどね(爆)


これは上司に限らず、私たち講師も同じです。
少なくてもこう思われるような研修やセミナーはやってはならなんなぁ・・・と
常に戒めております・・・はい(。-_-。)





PS
で、これだけではおなかも減ってしまうので、ここに来ると定番の
ホットドッグも食べました。ちなみにコメダ珈琲店さんに行くのは久しぶり
なんです・・・妙に懐かしい・・・(泣)

画像







最後まで読んでいただきありがとうございます!
よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 
AKBには勝てないけど・・・(爆)

人気ブログランキングへ その「ポチっ」が私の励みになります!






研修・セミナー講師を頼まれたら読む本 (DO BOOKS)
同文館出版
松本幸夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 研修・セミナー講師を頼まれたら読む本 (DO BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル