まずは一歩から

つい最近まで「暑いなぁ・・・」と思っていたら、既に朝晩が肌寒く感じる
今日このごろ。
こんな時は体調を崩しやすいので、体調管理にはお互い注意しましょうね。

さて昨年の今頃に書いたブログにも関連した内容です。

10年後以降の自分はどうありたいのか?

昨年あたりからこのことを考えていましたょ。
ここで大切なのはコンサルトチックに「10年後はどうなるか?」なんて
視点ではありません。
あくまでも「10年後の自分はどうありたいか?が問題であって、10年後の
世界や自分を取り巻く環境がどう変化しているのか?などを見極めること
ではない」
ということです。


独立して気づいたら、10年以上が経ち、もちろんその間に紆余曲折も
いろいろありました。
この期間で得られたこともたくさんありましたが、同時に失ったものも
たくさんありました。
その都度「自分にとって望むこと」を選択してきましたつもりです。
そこでは単に「良い、悪い」という相対的な評価ではなく、あくまでも「自分に
とってどうよ?」という直観に近いもので判断した部分があります。


納得できない
「そう思うなら納得できるにはどーしたらいいの?」


自分らしくいることができない
「じゃあ自分らしくいられるように変えればいいじゃん」


もっとワクワクドキドキしたい
「んなら、さっさとそうなるようにすればいいんでないの?」


もちろん論理的な思考も大切ですが、それだけでは導き出せないこともいっぱい
あることも「この年齢」になるとちょっぴり解ってきたような気がします。

そーいった意味で、新たな分岐点にいま差し掛かっているのだな・・・と思う
わけですよ。

そして・・・
まず今後の10年以降のことも視野に入れて、まずは

「はじめの一歩」

を踏み出そうとやっとつい最近決意できたわけです。

で、こんな内容を書こうと1年前のブログを読むと、あらためて心に突き刺さる
わけですよ。こんなお言葉が・・・


「教条主義の罠にはまってはならない。それは、他人が考えた結果に
従って生きることだ。他人の意見という雑音で、自分の内なる声が
かき消されないようにしよう。
最も重要なことは、自分の心と直観に従う勇気を持つことだ。
心と直観は、どういうわけか、あなたが本当になりたい姿をすでに
知っている。それ以外は全部二の次なのだ」


「自分が間もなく死ぬことを覚えておくことは、私が知る限り、
人生の重要な決断を助けてくれる最も重要なツールだ。
なぜなら、ほとんどすべてのこと、つまり、他の人からの期待や、
すべてのプライド、恥や失敗に対する恐れといったものは、死を前にすると
消えてしまい、真に重要なことだけが残るからだ。いつかは死ぬということ
を覚えておくことは、何かを失うと考えてしまう落とし穴を避けるための、
私が知る最善の方法だ。
あなたはすでに丸裸なのだ。自分の心に従って行動しない理由はない。」




いま「この瞬間」が「未来」を作るわけですからね。
自分がなりたい「未来」にしたら、まずは四の五の言わずに

まずは「一歩」が大事なんだよな

とあらためて実感した先日のことです。
(なぜか終わり方が「みつを」風になってしまった・・・)


PS
自宅にある観葉植物に光合成させている写真です。
何気にこんな優しい一面もあるんですよ(笑)

画像


ちなみにiPhone5が出ましたね。来年には乗り換えできそうかな?(笑)









最後まで読んでいただきありがとうございます!
よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ その「ポチっ」が私の励みになります!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック