社会貢献とほざく前に・・・

めっきり寒くなりましたねぇ(´-ω-`)

もう今週の終わりから師走の12月であります。
お互い風邪などで体調を崩さず、今年を乗り切りましょう!


さて・・・先日のこと。
日ごろから社会貢献云々を声高におっしゃっている方との話で
ふと気づいたことがあります。

別にその社会貢献活動をまったく否定する気もありませんし、
私にはできないことも数多くやっていらっしゃるので、それはそれで
「すごいよなー」と素直にリスペクトしています(これホント)。

でもね、周囲の方々へ発する言葉がどーもいちいち「カチン」と来る
わけですよ。
まぁ以前ブログで書いた「失礼極まりない言い方」ほどではないの
ですが・・・

この「周囲をいちいちカチンとさせる発言」をする方の中には、その
“天才的な能力”を発揮する方が少なからずいらっしゃいます。
それを意識的にやっているならまだしも、ほぼそれが無意識なので
余計に始末が悪い(天才的?)。
(意識的にやっている方がまだマシかな?とも思います)


いろいろな形で社会貢献(人様のためになる)ことは立派ですが、
まず相手の立場に立って接することができることが大切なのでは?
と思ったんですよね。

もっと言うと何かの縁で、自分の目の前にいる誰かのためにできる
こともとても大切なのではないのかなーと。

目の前の人が微笑む
目の前の人が元気になる
目の前の人が癒される


そうすると目の前の人は(たぶん)次に会う他の誰かに優しくなれたり
勇気なんぞを与えることができるかもしれない。

そしてその他の誰かが、そのまた他の誰かに・・・みたいなOKなものが
世の中をグルグル周るんでないの?

そして結果的にいつか、どこかで自分にかえってくるかもしれませんし。
(確かに「見返りを求めない」ことも大切なことかもしれませんが、いまの
私はまだ「まったく見返りを求めない人」にはなれませんねぇ)

何度も言いますが、世のため、人のため、社会貢献の活動を否定している
わけではまったくありません。


しかしまず自分の周囲にいる(いてくれる)人たちに

「いま自分がここでできることは何か?」

と考え、それを実際にやってみる。仮にそれが優しい微笑みだけでも全然
OKなんだと思うんですよね。
どんなにエラそうなことを言っても、目の前の誰かに少しでも貢献しようと
する思いや行動がなければ、大きい意味での社会貢献は・・・まずできない
でしょうね。そのエセさ加減が私には苦手です。


その天才的な能力を、もっと別のベクトルに向ければいいのにね・・・



PS
昨日久ぶりに娘2人と食事をしました。あっという間ですね、子供が大きく
なってしまうのは。
初めて3人でプリクラしてみましたが・・・「おめめがパッチリモード」で撮影
したので、私の顔が妙にキモいです(。-_-。)
ちなみに美人な娘たちの顔をお見せできずに残念です(←親バカ)
画像







最後まで読んでいただきありがとうございます!
よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ その「ポチっ」が私の励みになります!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック