聴く

三寒四温な日が続きますが、何気に春が感じられるように
なりましたねぇ…

さて最近のことですが、私的に「傾聴と共感」とゆ言葉が何気に
シンクロすることが多いんです。相手の話をよく聴かないと共感は
難しいのですが、この「聴く」とゆ漢字はそもそも(耳+十四+心)
とゆ漢字に分解できます。
ではこの「十四」とは何か?仏教的な言葉から言えば、
八正道(はっしょうどう)と、六波羅蜜(ろっぱらみつ)または六道(ろくどう)
の心得を足して「十四」となっているわけですが、この「十四+心」は
「より多くの心で相手の話を聴こうね」となるんだそうです。
まぁこの心得はいろいろな解釈があるようですが、

私としてすきな解釈は…

1:受容できる心
2:共感できる心
3:好意的になれる心
4:誠実な興味や関心を示せる心
5:肯定できる心
6:優しい心
7:理解できる心
8:落ち着いた、ゆったりとした心
9:誠実であろうとする心
10:先入観のない心
11:明るい心
12:公平であろうとする心
13:信頼する心
14:感謝できる心


なんですよね。

なかなか難しい場面もありますけど、これらの心で相手の話を
聴くと自然に自分自身もポジティブになれるから不思議なものです。
こんなことをリアルに学べたここ数日でした。ありがとう!


※この炭水化物フェスティバル的なメニューも「受容できる心」で
ありがたく頂きました(笑)

画像






1000人の患者を看取った医師が実践している 傾聴力
大和書房
大津 秀一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1000人の患者を看取った医師が実践している 傾聴力 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






最後まで読んでいただきありがとうございます!
よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 

人気ブログランキングへ その「ポチっ」が私の励みになります!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック