カリスマメンター 高橋宗照 『一業一隅』BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ魅力がなくなったのか?

<<   作成日時 : 2015/07/15 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

急に暑くなりましたね。
体調を崩さないようにしていきましょう〜

さて・・・
最近どの車を見ても(特に国産車)

「欲しい!と思える車がないなぁ〜」

と感じています。

これは買うか?買わないか?とゆレベルではなく、憧れに近くても
いいのですが、「うわぁ〜この車いいなー!」と感覚的にOKとゆ
車がないな・・・ていう感じでしょうか。

「何事にも興味関心が薄くなった」

「バイクだけあればいいのさ!」

「もう今更車じゃないだろ」


とゆ感覚に陥ったのか?と思い、少しさびしい感じがしていましたが、
実際に周囲の人※たちに聞いてみても

「あぁ・・・最近いい車ってないよね」

と返答をしてくれる人があまりにも多いんで、少し安心しています(笑)
(※車にまったく興味がないとゆ人には聞いていません)


これってどうしたんだろ?
いつの間に車とゆモノが輝かなくなったんだろ?



まぁ・・・いろいろな意見が出ると思いますが、私が思うにユーザーの
感性に響かない車が多くなったからなんでしょうね。


じゃあ車における感性ってなんだ?

・ワクワク、ドキドキ
・オレ(わたし)の車はやっぱ「かっこええなー」(「かわいいなー」)
・安心感
・操縦している感
・気持ちええなー


とゆ、非常にざっくりとしたアバウト感なんですよね。


最近ですと(悪いわけじゃないですが)

・燃費はどーよ?
・こんじんまり感
・運転をアシストしてくれるし


とゆ数値化や可視化されやすいものが多いような気がします。


あと「車そのものに見栄を張らなくなった」とゆ部分も大きいかもしれませんね。
まぁ大抵男子は女子の興味を引きたいから、身の丈以上の車を買って
ドライブしようとは思わなくなったし、また女子もその部分であまり望んでいない?
からかもしれません。

ただ思うに・・・


世界は基本的に女子で周っている

とゆ法則に従うならば、もっと女子目線で車を提案すべきかな・・・と思いますね。
だからと言って、すぐ「かわいいー」モノとつなげるのではなく、

彼女たちが「彼や夫や親父が乗って欲しいと思わせる車」

とゆ提案があってもいいのかな?と。


古い話ですが、当時「究極のデートカー」と呼ばれて、たぶん彼女がいいな〜
とか言うから、当時の男子は必死になって(親にせがんで)この車を買ったわけです。

画像

男はバカだから、女が「こんな車いいな〜」とか言うと「あ、そうなんだ!」と
思い買う人も多いですから・・・
だから女子に「これいいな〜」と感性で言わせないとダメなんじゃないかな?
と思うわけです。


ちなみにFBでもあげましたが、この記事は参考になりました。

「常識が通じない」マツダの世界戦略
「笑顔になれるクルマを作ること」。
これがマツダという会社が目指す姿だと従業員は口を揃えて言う。
彼らは至って真剣だ。これは一体どういうことなのか……。



PS

ちなみに必ずしも女子がいいな〜と言う車ばかりに人気が出る
わけではないんですよね。

画像
あぁ・・・日本初ターボ車・・・


画像
これ学生時代の友人が乗っていました・・・ホントに羨ましかったです・・・




ちなみにこの3台の車種がスラスラ言えて、なおかつ「うんちく」までも言える
あなたも立派な車好きです(笑)





最後まで読んでいただきありがとうございます!
よかったら「ポチっ」と押してくださいね  ( ̄∇ ̄*)> 



その「ポチっ」が私の励みになります!





    ブログが更新される度に登録されたあなたへメールで更新をお知らせします!    


提供:PINGOO!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。いやぁ〜、懐かしい車ですなぁ。私はS13に乗ってました。
nas-nas
2015/07/18 22:11
コメントありがとうございます!
S13、名車ですね〜!!
これからもよろしくお願い致します。
高橋 宗照
2015/07/19 06:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

Takahashi & Partners サイトのご紹介

なぜ魅力がなくなったのか? カリスマメンター 高橋宗照 『一業一隅』BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる